エマージェンシーキットで安心できる備えを

医療現場において


様々な緊急事態においても感染対策を行い出来る限り安全に排泄物や嘔吐などの処理を行う必要があります。

外来の待合室

診察待ちの際に、気分の悪い患者さんが嘔吐されるケースがよくあります。患者さんが集まる場所での感染対策に有効です。吐き気が有る時には手元に持っておくことで患者さんも少しは安心出来ることと思います。

時間がかかる検査の際に

検査中に身動きが取れない時や、時間のかかる検査時に
突然の出来事に備えて準備しておくと安心です。

点滴などの投薬中に

長い時間身動きが取れないときにもベットサイドにあると安心出来ます。

看護や介助における感染対策

ポータブルトイレ、ベットパンを用いた排泄処理を行う際には洗浄と消毒が必要になります。手間を省き、安全に処理できる「廃棄」という方法で処理します。

緊急車両における感染対策

緊急時には様々な事が起こります。急な嘔吐では車内の汚染が心配されます。床、ストレッチャー、医療機器、隊員や同乗者などへの影響も最小限に抑えることが大切です。ノロウィルス感染対策では乾燥後の飛散も考慮しなければいけません。

保育園や幼稚園、託児所などでも

突然の嘔吐では子供さんも職員さんも慌ててしまいます。具合の悪いお子さんの側に、すぐに使えるよう備えておくことで出来る限りのリスクと手間を軽減できます。
集団での感染制御は特に重要です!

ご家庭でも

ご家族の看病など、気分が悪くなった時などに側に備えがあると本人も家族も安心です。

タクシー、観光バス、自家車にも

タクシーや観光バスにおける車酔いや、飲み過ぎの方への対応もエマージェンシーキットがあれば安心です。自家用車でも備えあれば憂いなし!

災害緊急時の安心を手元に

自然災害においては水や食料の備えはもちろん重要ですが排泄に対する備えもあると安心です。仮設トイレが設置されるまでは時間を要します。
もしもの時でも我慢しない!そして安全に。

人が集まる場所や乗り物の中でのもしもの時の安心に

高層ビル、マンションなどの建築現場や、高所作業などトイレの設置に制限がある場所などの緊急時にの備えに